クリスマスプレゼント

クリスマスに観たい映画!ホームシアターで素敵な夜を!

image

クリスマスの夜は、ご家族や親しい友人と一緒にゆっくりと映画を観るっていうのもいいですよ!
クリスマスに観たい映画」で人気の高いものをご紹介しましょう!

大停電の夜に

クリスマスイヴの夜に起こった東京一帯の大停電!12人の登場人物の人生が動き出します!

恋人を待つバーのマスターやマスターに思い焦がれるロウソク屋の女性、エレベーターに閉じ込められた男女二人、長年連れ添った妻からの突然の告白に戸惑う夫、昔の恋人の妊娠を助けるために、恋人を背負い病院へ急ぐ男。さまざまな人々の人生が、停電の暗闇の中で混ざり合うというストーリーです。

ロウソクの明かりだけで照らされた中、バーでマスターと女の子が語り合うシーンは、暖かさと優しさ、そしてファンタジックな雰囲気が溢れていて、映像を見ているだけで美しさに包まれる気分になります。暗闇だからこそ、自分の気持ちに素直になれるっていうこともありますよね。お部屋の灯りを暗くして観ると、いっそう映画の中に入り込めて、特別な一夜を過ごせそうですよね!

Sponsored Links

スマイル

陣内孝則さんが監督・脚本を務めた作品です。
構想には8年を要し、さらにアイスホッケーチームの子供達を陣内が直接演技を指導したという力作です。

恋愛要素や感動、コメディ部分はよくあるパターンでですが、アイスホッケーの白熱したバトルと、森山未來のタップはマジかっこいいですよ。「君のためにラパパンパーン」とクライマックスで、スマイラーズとともに会場の全員が声を揃えて合唱する部分がとっても印象に残る作品です。家族でまったり観るのがおすすめですね。

エターナルサンシャイン

恋愛映画の名作です。冬に起きたある男女二人の物語です。

この作品の面白いところは、ラブストーリーだけど、単なる恋愛ドラマじゃなくて、SFチックなストーリーなんです。ある日、二人が喧嘩したことで、彼女が過去のトラウマや忘れたいことを消せる手術を受け、彼氏(ジム・キャリー)との記憶を消してしまうんです。それを嘆いた彼氏が自分もまた同じ手術を受けるのだけれど……。

この映画のすごいところは、考えに考え抜かれた脚本!
最初は、「え?どういうこと?」ってなるところが、ストーリーが展開していくにつれ、「あぁ!そういうことだったんだ!」って納得していきます。そして、気づけばどんどん物語に引き込まれてしまっていて、最後のクライマックスはもはやどうなるんだというハラハラものです。カップルでご覧くださいね!

天使にラブソングを

これは、誰もがご存じの・・・でも何度でも観たいという名作ですね。

デロリスがシスターマリー・クラレンスに扮し、教会の聖歌隊を変えていき、そして、それが教会、さらに街全体をも変えていくことになるストーリーは、コメディの域を超えた感動のストーリーです。
私も、何回観たか・・・?わからないくらい観ている作品です。

『天使にラブソングを2』もおすすめで、廃校寸前のヤンキー高校を立て直すため、デロリスやおなじみのシスター達が奮闘するストーリー。最後の『ジョイフル ジョイフル』は最高です!

Sponsored Links

Disney’s クリスマス・キャロル

文豪チャールズ・ディケンズの世界中に感動を与えた名作『クリスマス・キャロル』をディズニーが映画化した作品です。『バッ ク・トゥ・ザ・フューチャー』や『フォレスト・ガンプ』で有名なロバート・ゼメキス監督、そして『マスク』や『イエスマン』、『トゥルーマンショー』でお なじみのハリウッドスター、ジム・キャリーが主演です。

そうそうたるメンバーで製作されているんだから、面白いに決まってますよね。
3D映像は2010年当時の映画の中でも一番迫力があるし、小説をうまく映画化してあってディズニーアニメのクリスマス・キャロルよりも名作だと思います。

三十四丁目の奇跡

幼いお子さんがいらっしゃるご家庭で是非観て欲しい作品です。
普段の忙しい生活で夢見ることを忘れてしまった大人たちにも夢を信じる大切さ、そして素晴らしさを改めて気付かせてくれます。クリスマスが近づくと、また観たいと思わせる映画です。

『34丁目の奇跡』は、1947年のジョージ・シートン監督の『三十四丁目の奇蹟』をリメイクしたものなので、見比べてみるのも面白いと思いますよ。

天使のくれた時間

ある男性に起こったクリスマス・イヴの夜の奇跡を描いたストーリーです。「もし、あの時、違う選択をしていたら・・・、どんな人生を歩んでいたんだろう!?」という誰もが一度は考えることを映画化した作品です。

投資会社の社長を務め、ニューヨークシティの億ションに住み、何不自由ない裕福な生活を過ごす男性ジャックは、13年前に、最愛の恋人と別れ、今の道を歩むことを決断したんです。
あるイブの夜、彼はコンビニで不思議な黒人の青年と出会います。その夜から彼に不思議なことが起こるんです。彼は全く別の人生を歩み、最愛の恋人と共に、小さな会社でセールスマネージャーをして生活をしていたんです。

主演のニコラス・ケイジ、ヒロインのティア・レオーニの演技も素晴らしく、観ていて思わず微笑んでしまう感動のシーンにあふれています。是非、カップルで観て欲しい作品です。

素晴らしき哉、人生!

映画史上に残る不朽の名作と言っても過言ではない有名な作品です。

全てに絶望した男が、実は自分の存在がどれだけ大きなものだったのか、過去を遡りながら体験していくストーリーは、現代でも多くの人の励みとなる作品だと思います。

他者貢献を実感することがもたらす幸福感など、アドラー哲学や自己重要感の存在など哲学や心理学的なことを考えるきっかけにもなるかもしれません。一年の締めくくりに、自分を振り返るきっかけになるかもしれませんね。

いかがでしたか?

心に残る名作で素敵なクリスマスの夜をお過ごしくださいね!

Sponsored Links